Kaisei-no-sato

柏市に建つ、築18年の介護老人保健施設の全面改修工事。

まずは経年変化による老朽化した部分を、補修して建物の資産価値を維持し、当初の設計・設備上の不具合を改善してサービスの質を上げました。また無味乾燥になりすい施設の雰囲気を、人間に寄り添うデザインを採用して入所者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指しました。これは同時に仕事環境を良好にすることで、スタッフのモチベーションアップにも繋がり、働く誇りに貢献する事になります。

クライアントの情熱とユニークなアイディアを実現化する事で、オンリーワンの介護施設になったのではないでしょうか。(撮影:漆戸美保)

2021年6月竣工